微笑む女性

ニキビケアに効果的な方法|口コミネットワーク

根本的な原因を取り除く

女の人

ホルモンの安定が鍵を握る

ニキビケアでは、ホルモンバランスをまず最初に考えなければなりません。ホルモンバランスが安定していると肌のコンディションは落ち着きますし、皮脂の分泌量も上手くコントロールされます。このことからも分かるように、ニキビの治療においてホルモン療法は非常に有効です。ニキビの根本的な原因が、男性ホルモン過多の状態が続くことにありますので、根本部分から治したいと思うならホルモン治療をまず最初の選択肢と考えるようにします。ホルモンのバランスを整える治療を行うと角化細胞を減らすことができます。肌には柔軟性が戻り、毛穴の詰まりも改善されます。毛穴がきれいになると肌細胞の働きは活性化されますので、ターンオーバーを整えるにも効果的です。ホルモン療法を行った後は通常よりも簡単なお手入れがしやすくなりますし、効果も出やすいという特徴があります。ニキビケアではホルモンバランスを整える以外にも、ピーリングで古い肌細胞を強制的にリセットするという方法があります。細胞の働きが鈍っている時に最適だと言えるでしょう。

ケアごとの詳細

ニキビケアごとの詳細を見ていくと、ホルモンバランスを整える治療では、疑似ホルモン剤やピル、外用薬もあります。疑似ホルモンとしてはイソフラボンが有名であり、大豆等の食品にも含まれています。ピルでは、イソトレチノインがニキビ治療に用いられています。内服薬が多いのですが外用薬もあり、局所ホルモン治療という方法が存在します。この治療では、女性ホルモンを含んだ軟膏をニキビができている箇所に塗ります。内服薬と外用薬を併用すると、更に効果が高くなります。炎症が見られないケースでのニキビケアでは、ピーリングが最適です。クリニックやエステサロンで行われているケミカルピーリングを行なうと、傷ついた細胞や古い細胞をどんどん排出させることができます。酸性の薬品を用い、角質層を溶かして毛穴に詰まった角栓や汚れを除去しますので、新しい細胞の生成を助けます。健康な皮膚が増えますが、やや刺激が強いので赤く腫れたニキビや化膿しているニキビには使用することができませんので注意が必要です。